ya_lorem_ja サンプル(注文の多い料理店)

ところでぼくは早く何か喰べたいんだが、どうも斯うどこまでも廊下じゃ仕方ないね。 早く何か暖いものでもたべて、元気をつけて置かないと、もう途方もないことになってしまうと、二人とも思ったのでした。 鹿の黄いろな横っ腹なんぞに、二三発お見舞もうしたら、ずいぶん痛快だろうねえ。

二人は鉄砲をはずし、帯皮を解いて、それを台の上に置きました。 鹿の黄いろな横っ腹なんぞに、二三発お見舞もうしたら、ずいぶん痛快だろうねえ。 鍵穴の眼玉はたちまちなくなり、犬どもはううとうなってしばらく室の中をくるくる廻っていましたが、また一声

おい、お客さん方、早くいらっしゃい

と高く吠えて、いきなり次の扉に飛びつきました。 見たまえ、東京の大きな料理屋だって大通りにはすくないだろう

して見ると勘定は帰りにここで払うのだろうか。 けれどももしここへあいつらがはいって来なかったら、それはぼくらの責任だぜ。 という声がして、あの白熊のような犬が二|疋、扉をつきやぶって室の中に飛び込んできました。 そこで二人は、きれいに髪をけずって、靴の泥を落しました。 こいつはどうだ、やっぱり世の中はうまくできてるねえ、きょう一日なんぎしたけれど、こんどはこんないいこともある。

早く何か暖いものでもたべて、元気をつけて置かないと、もう途方もないことになってしまうと、二人とも思ったのでした。 早く何か暖いものでもたべて、元気をつけて置かないと、もう途方もないことになってしまうと、二人とも思ったのでした。

そうすれば結局おんなじこった

あすこへ、いろいろ注文が多くてうるさかったでしょう、お気の毒でしたなんて、間抜けたことを書いたもんだ。 二人は鉄砲をはずし、帯皮を解いて、それを台の上に置きました。 見ると、上着や靴や財布やネクタイピンは、あっちの枝にぶらさがったり、こっちの根もとにちらばったりしています。 扉のすぐ横には黒塗りの立派な金庫も、ちゃんと口を開けて置いてありました。 親方がもうナフキンをかけて、ナイフをもって、舌なめずりして、お客さま方を待っていられます。

ところがどうもうるさいことは、また扉が一つありました。 がたがたしながら一人の紳士はうしろの戸を押そうとしましたが、どうです、戸はもう一分も動きませんでした。

という声がして、あの白熊のような犬が二|疋、扉をつきやぶって室の中に飛び込んできました。 見ると、上着や靴や財布やネクタイピンは、あっちの枝にぶらさがったり、こっちの根もとにちらばったりしています。 親方がもうナフキンをかけて、ナイフをもって、舌なめずりして、お客さま方を待っていられます。

犬がふうとうなって戻ってきました

がたがたしながら一人の紳士はうしろの戸を押そうとしましたが、どうです、戸はもう一分も動きませんでした。 そこで二人は、きれいに髪をけずって、靴の泥を落しました。 室のなかがあんまり暖いとひびがきれるから、その予防なんだ。 おまけにかぎ穴からはきょろきょろ二つの青い眼玉がこっちをのぞいています。

あすこへ、いろいろ注文が多くてうるさかったでしょう、お気の毒でしたなんて、間抜けたことを書いたもんだ。 じつにぼくは、二千四百円の損害だと一人の紳士が、その犬の眼ぶたを、ちょっとかえしてみて言いました。 すると戸の中では、こそこそこんなことを云っています。

して見ると勘定は帰りにここで払うのだろうか。 風がどうと吹いてきて、草はざわざわ、木の葉はかさかさ、木はごとんごとんと鳴りました。

カテゴリ