ya_lorem_ja サンプル(風博士)

諸君よ、翌日の夜明けを期して、かの憎むべき蛸はついに蛸自体の正体を遺憾なく暴露するに至るであろう! 極めて不可解な方法によって、そして屍体を残さない方法によって、それが行われたために、一部の人々はこれを怪しいと睨んだのである。

諸君よ、翌日の夜明けを期して、かの憎むべき蛸はついに蛸自体の正体を遺憾なく暴露するに至るであろう! 而して諸君安んぜよ、余の研究は完成し、世界平和に偉大なる貢献を与えたのである。 何となれば諸君、ああ諸君永遠に蛸なる動物に戦慄せよ、即ち余の妻はバスク生れの女性であった。 諸君は、東京市某町某番地なる風博士の邸宅を御存じであろう乎?

然り、風となったのである

そしてそのために不幸なる彼の女はついに蛸博士に籠絡せられたのである。 然り、義経及びその一党はピレネエ山中最も気候の温順なる所に老後の隠栖を卜したのである。

何となれば諸君、ああ諸君永遠に蛸なる動物に戦慄せよ、即ち余の妻はバスク生れの女性であった。 偉大なる博士ならびに偉大なる博士等の描く旋風に対照して、これ程ふさわしい少女は稀にしか見当らないのである。 かりに諸君、聡明なること世界地図の如き諸君よ、諸君は学識深遠なる蛸の存在を認容することが出来るであろうか? 余は躍る胸に鬘をひそめて、再び影の如く忍び出たのである。 ああ三度冷静なること扇風機の如き諸君よ、かの憎むべき蛸博士は何等の愛なくして余の妻を奪ったのである。

成吉思汗は欧州を侵略し、西班牙に至ってその消息を失うたのである。 それ故僕は唯一の目撃者として、偉大なる風博士の臨終をつぶさに述べたいと思うのである。 諸君は、東京市某町某番地なる風博士の邸宅を御存じであろう乎?

諸君、これは明らかに誤解である

僕はこの幸福な結婚式を祝福して牧師の役をつとめ、同時に食卓給仕人となる約束であった。 余の妻は麗わしきこと高山植物の如く、実に単なる植物ではなかったのである! 諸君、余を指して誣告の誹を止め給え、何となれば、真理に誓って彼は禿頭である。 故に余は深く決意をかため、鳥打帽に面体を隠してのち夜陰に乗じて彼の邸宅に忍び入ったのである。 諸君はその時、実にあわただしい後悔と一緒に黄昏に似た沈黙がこの書斎に閉じ籠もるのを認められるに相違ない。

そして諸君、余は何のたわいもなくかの憎むべき鬘を余の掌中に収めたのである。 諸君、開いた形跡のない戸口から、人間は絶対に出入しがたいものである。 余はここに敢て彼の無学を公開せんとするものである。 偉大なる博士はシルクハットを被り直したのである。 この日、かの憎むべき蛸博士は、恰もこの同じ瞬間に於て、インフルエンザに犯されたのである。

では諸君は僕が其筋の嫌疑のために並々ならぬ困難を感じていることも御存じあるまい。 余は不覚にも、蛸博士の禿頭なる事実を余の妻に教えておかなかったのである。 翌日彼の禿頭は再び鬘に隠されていたのである。 故に余は深く決意をかため、鳥打帽に面体を隠してのち夜陰に乗じて彼の邸宅に忍び入ったのである。 しかるに嗚乎、かの無礼なる蛸博士は不遜千万にも余の偉大なる業績に異論を説えたのである。

果して風となったか

諸君よ、翌日の夜明けを期して、かの憎むべき蛸はついに蛸自体の正体を遺憾なく暴露するに至るであろう! では諸君は、まず悲痛なる風博士の遺書を一読しなければなるまい。 それでは僕は、さらに動かすべからざる科学的根拠を附け加えよう。

余の生活の全てに於て彼は又余の憎むべき仇敵である。 諸君、目前に露出する無毛赤色の怪物を認めた時に、余は実に万感胸にせまり、溢れ出る涙を禁じ難かったのである。

もしも偉大なる博士は間違えて外の人に結婚を申し込んでいるのかも知れない。 一人は禿頭にして肥満すること豚児の如く愚昧の相を漂わし、その友人は黒髪|明眸の美少年なりき、と。

カテゴリ